現金を借りたい方のために

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンといっても、カードを使ってお金を借りるということに違いはないので、どう違うのかよくわからない人も多いと思います。キャッシングとは、ATMを利用してお金を借り、翌月一括で返済することを指しています。

 

返済に関しては今では分割払いやリボ払いで返済できるところも増えています。その一方でローンというのは、特定の目的のためにお金を貸すことを指しています。代表的なものは、住宅ローンや学資ローン、自動車ローンなどがあります。カードローンは、使い道を特定しないで、カードを使って比較的簡単にお金を借りられるようにしたものをいいます。銀行のカードローンなどもずいぶん増えてきています。

 

こう比べてみても、使途や目的を限定しないでお金を貸すという点では全くと言って同じといえるほど、その差はなくなっているのが現実です。しかし、キャッシングの場合は早くお金を借りたいとか、少しだけ借りたいというような場合に便利なサービスです。

 

カードローンはある程度まとまった金額の借り入れを行いたいが、該当するようなローンがない場合などに重宝します。銀行に口座を持っている場合には、一定の金額のカードローンがすぐに利用できるようなところもあります。借りるお金の使途や金額などによってうまく使い分けるのがポイントとなります。

カードローンなら金利面での優れる借り入れを

カードローンは金利が良い場合が多いので、低い金利で利用可能なオリックス銀行カードローン低負担利息での融資を使ってみると良いですね。詳しくはオリックス銀行カードローンでの借り方を見ると分かります。